一から独立したい場合|資格がなくても保育園の経営はできる|求められている施設作り

資格がなくても保育園の経営はできる|求められている施設作り

一から独立したい場合

散髪

資格は必須です

美容室を開業するなら資格をとる必要が出てきます。一般的な方法としては専門学校や養成施設があるでしょう。養成施設の中には中学卒業した方でも入れる学校があるので、資格さえ取れれば学歴はある程度関係ないといってもいいでしょう。自宅で勉強したい場合は通信課程を受けると3年ほどで取得できます。美容室を開業するとき、自分だけでなく他に美容師を2名以上雇う場合はまた別に管理美容師免許を取得する必要があります。管理美容師免許は美容師免許を取得後、美容室などである程度働いた上で数日講習会を受けると取得できます。一人だけで行うなら別ですが、ある程度規模のある美容室を開業したい方は管理美容師免許も念頭に置いておきましょう。

かかる諸費用

開業にあたってはテナント代・設備代・備品代・宣伝費などは費用は数百万円かかります。どこかの場所を借りる場合は家賃を10万円程は備えておいた方がいいでしょう。特に人通りが盛んな場所では50万円以上かかることもあります。材料は基本的なシャンプー・トリートメント・ハサミなどのほかにドライヤーや椅子など揃える物はいっぱいあります。さらに美容室を開業する際には手続きが必要となります。まず保健所との打ち合わせは必須です。衛生上の問題だけでなく、きちんと管理美容師の資格をもっているかもチェックされます。打合せの時に免許を取ってないとわかると従業員を雇えないのです。開業をするにあたっては融資を受ける場合もありますが、その際に事業計画書も作成しないといけません。このように開業のためには必要なことがたくさんあるので、計画的に準備を進めるようにしましょう。また、開業支援をしてくれるフランチャイズに加盟して、自分の負担を減らすのもおすすめです。