柔道整復師で開業する|資格がなくても保育園の経営はできる|求められている施設作り

資格がなくても保育園の経営はできる|求められている施設作り

柔道整復師で開業する

婦人

柔道整復師とは

柔道整復師とは、医療系の国家資格のひとつで柔道整復術によって、骨や筋肉、靭帯などに関わる怪我や不具合などを外からの力によって治療できる人のことを指します。柔道整復師と医師との違いは手術や投薬を行わないというものです。このため縫合を伴うような裂傷などの治療は行えませんが、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの治療を行うことができます。柔道整復師となったあとは、接骨院や整骨院を開業して骨に関する治療を行ったり、スポーツトレーナーとして、また身体のバランスを正常にして健康をサポートするといった仕事があります。特に接骨院や整骨院などを開業して治療する場合には、健康保険の請求を行うことができるため病院の整形外科の補助的な役割も果たしています。

団体に加盟する理由は

接骨院などを開業した場合にネックとなるのが健康保険の請求の方法です。病院の場合には病院が健康保険組合に自動的に請求されますが、柔道整復師の場合には患者が健康保険組合に請求する必要があります。このため方法としては一旦全額を支払って健康保険組合に請求し保険金を手に入れる方法と柔道整復師と個別契約を結び保険金の請求を柔道整復師が行う受領委任払いがあります。これらを柔道整復師が個人で行うことも可能ですが事務手続きが煩雑であり、その多くは接骨師会などの業界団体に委託するのが一般的です。接骨師会といってもその種類はさまざまで全国で展開している接骨師会もあれば地域ローカルで行っている接骨師会も存在しています。また接骨師会によって保険請求に伴う事務費用が変わってくるため、所属する接骨師会選びが重要になります。